そのイヤホンを外させたい

そのイヤホンを外させたい

文芸や出版メディアの趨勢について書いていきます。

小説

わたしたちの住む街には得体の知れない何かが潜んでいる/乙一『GOTH』

エッジの効いた短編小説が読みたいなぁと思った。手に取ったのは、乙一の『GOTH』。GOTH 夜の章 (角川文庫)作者: 乙一出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/06/25メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 79回この商品を含むブログ (420件) を見るGOTH 僕の章 …

京都を舞台にしたポップな哲学散歩小説/原田まりる『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』

前に本の感想を書かせてもらった哲学ナビゲーターの原田まりるさんが、小説を出したということで買って読んでみました。ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。作者: 原田まりる出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2016/09/30メ…

これまでに読んだ舞城王太郎作品を振り返る

舞城王太郎『ビッチマグネット』を読んだ。ビッチマグネット (新潮文庫)作者: 舞城王太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/08/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る 芥川賞候補にもなった作品で、舞城さんの作品としては物語としてのハチ…

ジュブナイルの衣をかぶった人生哲学の書/小野不由美『十二国記 月の影 影の海』

現在中学2年生で卓球部の練習に燃えている従姉妹の娘に好きな小説をたずねたら、「十二国記!」という答えが返ってきた。月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)作者: 小野不由美,山田章博出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/06/27メディア: 文庫購入: 6…

100冊の自己啓発本よりも生きる糧になる1冊ー太宰治『斜陽』

フリーター時代、同僚にライトノベル作家を目指してる奴がいた。 「なんでわざわざ暗い話を書くのか、それがよくわからないんすよねー」 彼はいわゆる純文学というものに理解がなく、新人賞受賞を目指して虚淵玄の劣化版みたいな作品を書いていた。 当時のお…

村上春樹と暮らしの哲学

まちゃひこさんが村上春樹について書いているのを読んで面白かったので書く。 自分も春樹作品好きなんだけど、人前で言うとあらぬ誤解を招きそうで大々的には公表しないでいる。 この記事で挙げられている村上春樹好きを公言することのデメリット3つに共通し…

【感想】『響~小説家になる方法~』4巻

響~小説家になる方法~ 4 (ビッグコミックス)作者: 柳本光晴出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/06/30メディア: コミックこの商品を含むブログを見る 前にレビューを書いた漫画作品『響~小説家になる方法~』の4巻を読みました。 買うのが遅れたのは、『ス…

ジム・ホーキンズとジョン・シルバー/大人になるということ

宝島 (新潮文庫)作者: スティーヴンソン,佐々木直次郎,稲沢秀夫,Robert Louis Stevenson出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1951/04/03メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 23回この商品を含むブログ (15件) を見る いつの頃からだろうか。 自分が書く物の足しに…

専業小説家は絶滅するかもしれない

「次は小説を書いてみませんか?」 特定の分野で一定の評価を得た人物に編集者はそう提案したりする。 新人賞を受賞したばかりのほとんど無名の作家の本を出すよりも、畑違いと言えども、あらかじめそれなりのファンを持つ有名人の本を出した方が売り上げが…

異世界転生小説は新時代のピカレスク小説なのか?

「異世界転生小説」をご存知だろうか? 宮部みゆきや東野圭吾といった一般文芸をメインに読んでいる人には聞きなれない言葉かもしれませんが、ライトノベルやウェブ小説の世界では王道の物語形式です。 簡単に説明すると、現代日本で暮らすパッとしない主人…