そのイヤホンを外させたい

そのイヤホンを外させたい

文芸好き。ラノベやWEB発の作品まで視野に入れつつ、文学または物語の趨勢について考えたことを書いていきます。

漫画

美しき女剣士が妖魔と壮絶な戦いを繰り広げる漫画『CLAYMORE』(クレイモア)を読んでダーク・ファンタジーの魅力を再発見した。

学生時代に7巻くらいまで読んでそのままにしていた漫画『CLAYMORE』(クレイモア)がいつの間にか完結していた。この一週間で残りを一気に読み終えました。ダーク・ファンタジーの教科書みたいな作品ですね。こういうクールな世界観好きです。 本作は、小説に…

曼荼羅のように艶めかしく美しい仏教漫画『阿吽』の感想

今日はおかざき真里『阿吽』の感想。阿・吽(1) (ビッグコミックススペシャル)作者: おかざき真里出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/04/03メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る 「阿吽(あうん)の呼吸」の“阿吽”がもともと仏教用語だと…

年収280万の独身アラサー男子が「タラレバ娘」から読み取るべきこと。

ついに放送がスタートしたTVドラマ『東京タラレバ娘』。ドラマ化を機に世間的認知度も高まり、職場やプライベートで本作の話題が上がることが多いです。自分も原作と比較検討しながら楽しく観させて頂きました。東京タラレバ娘(1) (KC KISS)作者: 東村アキコ…

『響~小説家になる方法~』5巻の感想

文学界に彗星のごとく現れた天才少女小説家の破天荒な活躍を描く漫画『響~小説家になる方法~』第5巻。 この巻では、ついに芥川賞と直木賞の受賞作が発表される。大方の読者は予想がついているだろうからネタバレしてしまうが、響の処女作『お伽の庭』は、…

【感想】『響~小説家になる方法~』4巻

響~小説家になる方法~ 4 (ビッグコミックス)作者: 柳本光晴出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/06/30メディア: コミックこの商品を含むブログを見る 前にレビューを書いた漫画作品『響~小説家になる方法~』の4巻を読みました。 買うのが遅れたのは、『ス…

純文学ワナビーは必読。『響 〜小説家になる方法〜』の感想

厳しいーなぁ…っとに、なんだったら売れんだよ。芥川賞作家の肩書き持っててもこれだもんなぁ。つーか最近は、受賞作ですら厳しいっスからね。これ以上悪くなんねーだろって状況なのに、毎年きっちり更新してくれるなぁ。っとに、出版不況で漫画が売れねーと…