そのイヤホンを外させたい

そのイヤホンを外させたい

文芸や出版メディアの趨勢について書いていきます。

【感想】劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』を観てきた。

f:id:taiwahen:20170420010301j:plain

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』 公式サイト


コナン映画は8割方観てきたのだけど、映画館に足を運んだのは今回が初めて。


コナンがスケボーに乗って無茶苦茶するお約束のアクション・シーンは、映画館の大音量で観ると迫力がある。

過去作と比べてどうか。


コナン映画を少なくない数観てきた人なら分かると思うのだが、正直、作品によってアタリハズレはある。


1年に1回新作が公開になるから、「今年の出来はどうかな?」というボジョレーヌーヴォーに近い認識がある。


映画館に行くかどうかで迷ってる方いると思うので僕個人の実感を書いておくと、本作はアタリです。


コナン映画は、シリーズに馴染みのない観客のためにいつも作品の冒頭にコナン(新一)による簡単なストーリーの概要と人物紹介が入るのだが、経験上、ここでの演出がカッコ悪いと作品そのものも不発に終わる傾向があるように思う。台詞自体がいつも大体同じなだけに、そのぶん作り手のセンスが如実に表れる部分なのかもしれない。

ミステリーとラブコメの巧みな並走


『コナン』が、本格ミステリー漫画であると同時にラブコメ漫画として需要されているのは周知の通りだ。本作においてもそのスタンスは変わらない。


2時間という枠組みの中で、推理と恋愛のプロットを隙なく展開し、なおかつその二つの要素を作品のモチーフである「百人一首」というアイテムで結ぶという脚本の妙にプロの力量を見た気がした。


後になってから知ったのだけど、本作の脚本は大倉崇裕さんという推理作家が担当している。


脚本を推理作家が関わるのは、第6作の『ベイカー街の亡霊』の野沢尚氏以来とのこと。


『ベイカー街の亡霊』はシリーズの中でも評価の高い作品である。


ミステリーとラブコメの融合という観点から見た場合、本作の脚本のレベルは申し分ないし、百人一首や競技かるたのような古き良き日本の美しさも同時に味わえるので観る側の満足度は高いだろう。

難点があるとすれば……


ただ、本作は主人公であるコナンよりも大阪の高校生探偵、服部平次と幼馴染である遠山和葉にスポットが当たっているので、いつものようにコナン(新一)と蘭のピュアなやり取りを期待するとガッカリするかもしれない。

まとめ

  • 映画館だとアクション・シーンの迫力がすごい。
  • 脚本、演出共にクオリティー高いので観るかどうか迷ってるなら観るべき。
  • 服部、和葉をはじめとした大阪勢が好きな人はより楽しめる。


次回作もぜひ観に行きたい。

推理×恋愛の名作といえば『赤毛のレドメイン家』。
あの江戸川乱歩が高く評価したことで有名。↓

赤毛のレドメイン家 (創元推理文庫 111-1)

赤毛のレドメイン家 (創元推理文庫 111-1)