そのイヤホンを外させたい

戦国武将的価値観を乗り越える/花田清輝『鳥獣戯話』

今日は、花田清輝『鳥獣戯話』。

鳥獣戯話・小説平家 (講談社文芸文庫)

鳥獣戯話・小説平家 (講談社文芸文庫)


評論家としてのイメージが強い花田清輝だが、1960年代に入ってからいくつかの小説を書いている。その第1作目に当たるのがこの『鳥獣戯話』だ。タイトルはあの『鳥獣戯画』のもじりである。

僕は『復興期の精神』はじめ花田の評論作品も過去にいくつか読んでいる。その上でこの小説を読んだのだけど、不思議なことにジャンルの違いをそれほど感じなかった。きっと作者の中で評論と小説、二つの創作活動がしっかりと紐づけられているので、表現形式が変わっても似た印象を読者に与えるのだろう。

本作は歴史小説の体裁をとってはいるが、内容は直木賞の候補に挙がるようなエンターテイメントとは全く異なる。凝り固まった既成の歴史観ないしは社会的通念を覆す「アンチ歴史小説」と言ってもいい。

本作の主人公は戦国時代の武将武田信玄の実父、武田信虎である。

これまで多くの歴史作家たちが題材として取り上げてきた信玄ではなく、敢えてあまり人口に膾炙していない父の信虎を主人公に据えたところに本作の眼目がある。

修羅という言葉から、さっそく、いくさを連想し、鉦、太鼓、法螺貝、鬨ノ声、馬蹄のひびき、鉄砲の音などを、そら耳にきき、槍、なぎなた、刀のひらめきなどをまぼろしにみるのは、生涯の大半を戦場ですごした戦国武士にとってはきわめて自然であろうがーーしかし、この世の中には武士ばかりがいたわけではなく、かえって、ほんとうの修羅はーーいや、ほんとうというのがいいすぎなら、もう一つの修羅といいなおしてもいいがーー案外、舌さき三寸で生きていた口舌の徒のあいだにみいだされる。
p50より引用

息子信玄によって国外に追放された信虎は、それまでの武力を拠り所とする戦国武将的価値観と決別して「もう一つの修羅」と形容される独自の道を歩むことになる。

作者はそんな信虎の変遷の過程を「猿」、「狐」、「みみずく」という動物の姿、習性になぞらえながらファルスとして描くことで、信長や信玄に代表される戦国時代の支配者階級の欺瞞性を徐々に明らかにしていく。

われわれの時代にしても同じことであって、なるほど、いくさに明け、いくさに暮れていったとはいえ、それを、ただ、軍人の目でだけとらえたのでは、むろん、片手落ちのそしりをまぬがれまい。ところが、とくに戦国時代をあつかう段になると、わたしには、歴史家ばかりではなく、作家まで、時代をみる眼が、不意に武士的になってしまうような気がするのであるが、まちがっているだろうか。
p55より引用

歴史を、軍人の眼、武士の眼ではなく民衆のフラットな視線でとらえた時、そこには巷に溢れている「戦国武将に学ぶ!」的な本の中には書かれていない水面下の闘争を発見することができる。

そういった花田流の視点の持ち方は、歴史だけではなくあらゆる常識や社会通念をいま一度精査する上でも依然有効ではないか。

少なくとも、自分は「虎」であった男が、「猿」→「狐」→「みみずく」へと変わっていくこの精神の変身譚にこそ、多くの戦国時代を扱った作品にはない本当の乱世を目の当たりにした思いだった。