そのイヤホンを外させたい

そのイヤホンを外させたい

ブログはタブラ・ラサ

ジミー大西の半生を描いた小説『Jimmy』を読んだ感想

原作・明石家さんま『Jimmy』を読みました。Jimmy (文春文庫)作者: 明石家さんま出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2017/06/08メディア: 文庫この商品を含むブログを見る本書はNETFLIXで7月から独占配信予定だったオリジナルドラマのノベライズなのだけど、…

『源氏物語』を読む2〈澪標〉~〈藤のうら葉〉

与謝野晶子の源氏物語〈中〉六条院の四季 (角川ソフィア文庫)作者: 与謝野晶子出版社/メーカー: 角川学芸出版発売日: 2008/04/01メディア: 文庫 クリック: 6回この商品を含むブログ (3件) を見る 小説家の角田光代さんによる新訳が刊行されたり、27時間テ…

『響〜小説家になる方法〜』がマンガ大賞を受賞したのであらためて感想書く

前々から本ブログで感想を書いていた柳本光晴『響〜小説家になる方法〜』がマンガ大賞2017大賞を受賞したので、今日は遅ればせながらこれまでの総括の意味で感想を書きます。 『響〜小説家になる方法〜』はこんな話 文芸の衰退を嘆く出版社の新人賞に、ある…

ラノベも純文学も小説の1ジャンルでしかない

上記まとめを読みました。 「ラノベは文学か?」 みたいな議論は定期的にTLに上がってくる。 これは「漫画は芸術か?」の議論と同じで個人的にはどうでもいいことだと思う。 だが、本音の部分では全然どうでもよくないと感じている自分もいるので、その相反…

蛇の出す刺身は食べる気にならない/川上弘美『蛇を踏む』

蛇を踏む (文春文庫)作者: 川上弘美出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1999/08/10メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 17回この商品を含むブログ (136件) を見る 第115回芥川賞を受賞した作品です。 僕は作者の川上弘美さんに個人的に恩がある。 高校生の時、…

「東野・岡村の旅猿」おすすめの回をTOP10で振り返る

僕はそれほどバラエティにはくわしい方ではないけれど、中には例外的に好きで観続けている番組もあります。 たとえば「東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…」がそう。 人気番組だから知っている人も多いだろう。ジャンルとしては旅番組に分類され…

虚妄としてのアメリカ/柴田元幸『アメリカ文学のレッスン』

時間を見つけて英、米の小説を読んでいきたいなぁと考えています。新しい作品に挑戦してみたり、お気に入りの作品を再読してみたり。 今回はその前哨戦として、柴田元幸さんによる『アメリカ文学のレッスン』を読んだ感想です。アメリカ文学のレッスン (講談…

現代小説家はそれぞれがゲリラ戦を展開している

少し前の話になるが、『文藝2017年秋号』上にて「現代文学地図2000→2020」という特集が組まれていた。文芸 2017年 08 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/07/07メディア: 雑誌この商品を含むブログ (2件) を見る これは、9…

ALL REVIEWS(オール・レビューズ)は出版流通に変化をもたらすか

フランス文学者の鹿島茂さんが、先月ALL REVIEWS(オール・レビューズ)という書評無料閲覧サイトを立ち上げた。 今月からさらに書評家の数を増やすということで、これは個人的にめちゃくちゃ良い試みだと思っている。 ほとんどの書店の棚には文脈がない 個人…

【感想】第157回芥川賞受賞『影裏』

芥川賞を取った沼田真佑『影裏』を読んだので感想。影裏 第157回芥川賞受賞作者: 沼田真佑出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2017/07/28メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 受賞会見での「ジーンズを1本しか持ってないのにベストジーニスト賞をもら…

作品タイトルに氾濫する「君」。ライトノベル、ライト文芸を席巻するロマン主義の波。

2016年に大ヒットした新海誠監督『君の名は。』のDVD&ブルーレイの発売が近いらしく、書店などで宣伝広告を見かける。 僕はまだ本作を観ていない。新海誠作品はこれまで逃すことなくほとんど観てきたのに、本作についてはそのあまりの人気ぶりに尻込みしてし…

剣という病に憑かれた二人の男を描く爽快作/藤沢周『武曲』

武曲 (文春文庫)作者: 藤沢周出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/03/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 「諸手突きで自らの中心を貫いてみろッ。殺せッ」 p7 アルコール依存症で失職の末、警備員の仕事をしながら地元の高校の剣道部コ…

英語独学で手堅くTOEIC650点取る勉強法とおすすめの参考書

僕は大学時代に英文学を専攻していたのだけど、手に取るのはいつも翻訳ばかりでほとんど英語の勉強をせずに卒業した。 当時は何とも思わなかったが、社会に出てからも引き続き英米の作品を読んだりそれについてブログに書いたりする中で「やっぱり、ある程度…

小さな悪を滅すること/『ゴブリンスレイヤー』から読み取る時代の空気感

彼は「ゴブリン退治は人気がない」と、言葉少なに教えてくれた。 農村の依頼だから報酬が安く、新人向けだから熟練者は選ばない。 (p77より引用) 蝸牛くも『ゴブリンスレイヤー』を読んだ。 ゴブリンスレイヤー (GA文庫)作者: 蝸牛くも,神奈月昇出版社/メー…

『源氏物語』を読む1〈桐壺〉〜〈明石〉

紫式部『源氏物語』の感想を書いていきたい。 気忙しい日常の中で生まれるぼんやりとした諦念や寂しさにそっと並走してくれるような長い小説を読みたいと考えたら、自然と本作が頭に浮かんできた。通読するなら今だ。 高校時代の古典の授業などで部分的には…

ベッドはただ寝るだけの場所なんかじゃない。/シルヴィア・プラス『おやすみ、おやすみ』

子供の頃、ベッドは小さな秘密基地のようなものだった。 今日は珍しく、好きな絵本など紹介してみる。 本のタイトルは、『おやすみ、おやすみ』。おやすみ、おやすみ (詩人が贈る絵本)作者: シルヴィアプラス,クウェンティンブレイク,Sylvia Plath,Quentin B…

「海」は異質な何かを運んでくる。/ジョゼフ・コンラッド『エイミー・フォスター』

前回の『闇の奥』に続き、コンラッドの短編作品を読んでいた。コンラッド短篇集 (岩波文庫)作者: コンラッド,Joseph Conrad,中島賢二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2005/09/16メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 91回この商品を含むブログ (12件) を見る…

虚無のゆくえ/ジョゼフ・コンラッド『闇の奥』

闇の奥 (岩波文庫 赤 248-1)作者: コンラッド,中野好夫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1958/01/25メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 39回この商品を含むブログ (57件) を見る 19世紀末、貿易会社勤務の水夫マーロウは、派遣されたアフリカ奥地の出張所…

【キーラ・ナイトレイ出演作】文学作品が原作の映画4選

学生時代は時間がありあまるほどあり、映画を1日に3本鑑賞することも決して珍しくありませんでした。 でも、社会人になってプライベートの時間が限定されると、今では月に5本鑑賞できれば贅沢と言えるくらい映画との距離が遠ざかっています。 それでも、…

ストロングセンスオブヒューマーのある小説家/ジェーン・オースティン『自負と偏見』

自負と偏見 (新潮文庫)作者: J.オースティン,Jane Austen,中野好夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1997/08/28メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 48回この商品を含むブログ (60件) を見る ジェーン・オースティンの作品を好んで読む男性は多くはないだろう…

【感想】劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』を観てきた。劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』 公式サイト コナン映画は8割方観てきたのだけど、映画館に足を運んだのは今回が初めて。 コナンがスケボーに乗って無茶苦茶するお約束のアクション・シーンは、映画館…

『まおゆう』の感想/全てのWEB小説が異世界に逃げてるわけじゃない。

だいぶ今更だけど、橙乃ままれ『まおゆう』を読んだ。 わりと長めの作品なので、とりあえず1巻のみ。まおゆう魔王勇者 (1) 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」作者: 橙乃ままれ,toi8出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン発売日: 2010/12/29メ…

映画『ジェーン』/カウガール姿のナタリー・ポートマンに女優としての円熟を見る。

ジェーン [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2017/04/05メディア: DVDこの商品を含むブログを見る ここ最近、映画館で見逃した作品を遅ればせながら数作続けて鑑賞した。『ジェーン』もその中の一つ。 それにしても、映画作品のDVD/ブルーレイ…

不安に陥りがちな人は認知行動療法を学んで心の調整力を高めよう。

こんにちは山中です。最近は私生活で色々と変化があり、メンタルを崩しがちな日々を過ごしていました。そんな中、気持ちが折れないために読んだ認知行動療法の入門書が結構良かった。マンガでやさしくわかる認知行動療法作者: 玉井仁,星井博文,深森あき出版…

わたしたちの住む街には得体の知れない何かが潜んでいる/乙一『GOTH』

エッジの効いた短編小説が読みたいなぁと思った。手に取ったのは、乙一の『GOTH』。GOTH 夜の章 (角川文庫)作者: 乙一出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/06/25メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 79回この商品を含むブログ (420件) を見るGOTH 僕の章 …

男らしさ、女らしさの根拠はどこにあるのか/映画『大奥〈男女逆転〉』

『大奥〈男女逆転〉』という映画を観た。 興味深い男女逆転劇。大奥 <男女逆転>通常版DVD出版社/メーカー: 松竹発売日: 2011/04/15メディア: DVD クリック: 19回この商品を含むブログ (37件) を見る よしながふみ原作の人気コミックを嵐の二宮和也、柴咲コ…

恋愛は良いとこ取りが不可能/映画『ブルーバレンタイン』

『ブルーバレンタイン』という映画を観た。ブルーバレンタイン [DVD]出版社/メーカー: バップ発売日: 2011/09/28メディア: DVD購入: 3人 クリック: 22回この商品を含むブログ (101件) を見る ひと組のカップルの出会いと別れを通して、愛が生まれる瞬間と終…

京都を舞台にしたポップな哲学散歩小説/原田まりる『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』

前に本の感想を書かせてもらった哲学ナビゲーターの原田まりるさんが、小説を出したということで買って読んでみました。ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。作者: 原田まりる出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2016/09/30メ…

現役作家による贅沢な世界文学講義/池澤夏樹『世界文学を読みほどく』

池澤夏樹『世界文学を読みほどく』が、めちゃくちゃ面白かったので感想を書く。 世界文学を読みほどく (新潮選書)作者: 池澤夏樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/01/15メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 62回この商品を含むブログ (55件) を見る 本…

【第156回芥川賞受賞】ピンぼけした記憶の先にある等身大の青春/山下澄人『しんせかい』

しんせかい作者: 山下澄人出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 第156回芥川賞受賞作、山下澄人『しんせかい』を読んだ。前回受賞の村田沙耶香『コンビ二人間』は純文とは思えないくらいリーダビリティの高…

秋葉原有隣堂STORY CAFEでコーヒー飲みながら本読んできたので紹介する。

こんにちは山中です。今日は秋葉原で用事を済ませた後、買いたい本があったので近くの本屋さんに立ち寄りました。ヨドバシakibaの7階に入っている有隣堂ヨドバシAKIBA店さん。ここは日本で一番アイドル雑誌が売れる店として名高く、零細出版社の営業やってた…

美しき女剣士が妖魔と壮絶な戦いを繰り広げる漫画『CLAYMORE』(クレイモア)を読んでダーク・ファンタジーの魅力を再発見した。

学生時代に7巻くらいまで読んでそのままにしていた漫画『CLAYMORE』(クレイモア)がいつの間にか完結していた。この一週間で残りを一気に読み終えました。ダーク・ファンタジーの教科書みたいな作品ですね。こういうクールな世界観好きです。 本作は、小説に…

甘美なる歌声は邪魔しない。/鹿島茂『「悪知恵」のすすめ』

こんにちは山中です。トランプ大統領による外国人入国制限のニュースがメディアを騒がせていますね。 悪い意味で期待を裏切らないというか、今回の出来事をきっかけにこの先ますます世界情勢は泥沼化していくでしょう。 今回の話題含め、外交問題に関する記…

曼荼羅のように艶めかしく美しい仏教漫画『阿吽』の感想

今日はおかざき真里『阿吽』の感想。阿・吽(1) (ビッグコミックススペシャル)作者: おかざき真里出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/04/03メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る 「阿吽(あうん)の呼吸」の“阿吽”がもともと仏教用語だと…

絵本とお金

キングコング 西野 公式ブログ - お金の奴隷解放宣言。 - Powered by LINE キングコング西野さんの話題について。多くの方が指摘するように、今回西野さんが取った『えんとつまちのプペル』WEB無料公開は、いわゆるフリーミアムと呼ばれるビジネスモデルです…

年収280万の独身アラサー男子が「タラレバ娘」から読み取るべきこと。

ついに放送がスタートしたTVドラマ『東京タラレバ娘』。ドラマ化を機に世間的認知度も高まり、職場やプライベートで本作の話題が上がることが多いです。自分も原作と比較検討しながら楽しく観させて頂きました。東京タラレバ娘(1) (KC KISS)作者: 東村アキコ…

平日休みに行った深大寺が、静かで緑が多くて心が癒された。

月に1〜2回の頻度で平日の休みがある。 平日の休みってどこに行くにしても人が少ないのでお得ですよ。 先日は、ふらっと調布市の深大寺に行ってきました。たまにテレビで紹介されてたりしてるのを見て、ずっと気になってたんですよね。 交通アクセスとしては…

「逃げる」という勇者の戦略

北方謙三による『三国志』、通称「北方三国志」は、サラリーマンの男性を中心によく読まれている印象がある。僕も昨日第6巻『陣車の星』を読み終えたところなのですが、ここまで来るのにおそろしく時間が掛かっています。三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小…

言葉の短剣。ラ・ロシュフコー公爵の黒光りした箴言から世間を学ぶ。

16世紀~18世紀のフランスにはモラリストと呼ばれる文学者が登場し、人間の生き方についての考察を自由な文章形式でまとめました。 そんなモラリストの中に、ラ・ロシュフコー公爵がいます。自分は彼の『箴言集』が好きです。なぜなら、彼の箴言はとても的を…

コーチング・プログラムの極北、苫米地英人監修TPIE®︎の考え方が面白い

苫米地英人をご存知だろうか?近年は、「読んだら人生が変わる」系の自己啓発本や、女性が聴くと胸が大きくなる着メロの開発など、どことなく胡散臭さが漂う人物としてちまたでは認識されている。 しかし、もともとはオウム真理教事件の際、元信者の脱洗脳を…

花田清輝は今日性のある批評家だからもっと読まれていいと思う

年末年始の休みもあっという間に終わり、いつ果てるともない生活に帰還しています。 年越しは実家で紅白観たり、家の近くの神社で甘酒飲んだり、蕎麦食ったり雑煮食ったりと、平均的な日本人の正月を過ごしていました。 本来なら、2016年の内に「今年読んで…

『響~小説家になる方法~』5巻の感想

文学界に彗星のごとく現れた天才少女小説家の破天荒な活躍を描く漫画『響~小説家になる方法~』第5巻。 この巻では、ついに芥川賞と直木賞の受賞作が発表される。大方の読者は予想がついているだろうからネタバレしてしまうが、響の処女作『お伽の庭』は、…

これまでに読んだ舞城王太郎作品を振り返る

舞城王太郎『ビッチマグネット』を読んだ。ビッチマグネット (新潮文庫)作者: 舞城王太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/08/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る 芥川賞候補にもなった作品で、舞城さんの作品としては物語としてのハチ…

ジュブナイルの衣をかぶった人生哲学の書/小野不由美『十二国記 月の影 影の海』

現在中学2年生で卓球部の練習に燃えている従姉妹の娘に好きな小説をたずねたら、「十二国記!」という答えが返ってきた。月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)作者: 小野不由美,山田章博出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/06/27メディア: 文庫購入: 6…

あいまいな日本の“文学”/さやわか『文学の読み方』

文学の読み方 (星海社新書)作者: さやわか出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/09/22メディア: 新書この商品を含むブログ (4件) を見る さやわか『文学の読み方』を読んだ。 さやわかさんの本を読むのはこれが初めて。 ゲームとかアイドルとか秋葉カルチャ…

『堕靡泥の星』の作者佐藤まさあきはナンパ本も書いていた

ブックオフで古本を物色していたら、昔のナンパハウツー本を発見したので手に取って読んでみた。ナンパの達人 (ムックセレクト)作者: 佐藤まさあき出版社/メーカー: ロングセラーズ発売日: 1992/08/01メディア: 新書購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブ…

絶対他力と自己啓発

『歎異抄』を読んでみた。講談社学術文庫に入ってる梅原猛全訳注のやつです。 歎異抄 (講談社学術文庫)作者: 梅原猛出版社/メーカー: 講談社発売日: 2000/09/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 22回この商品を含むブログ (37件) を見る 本書には原文に加…

砕け散るところを見せても他人の心はさざ波ひとつ立たない

朝、たんすの角にぶつけて足の小指を骨折した。 会社に休みをもらった上で病院に行った。 全治2ヶ月。 齢30になるまでこれといった大きな病気や怪我に遭遇しなかったこともあって、ギプスと松葉杖での生活は他人事のように感じられた。 翌日、会社に向かう道…

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』はアラサーが読んでも得るところが大きかった

量か質か。ブログを書いている人間なら、たびたび耳にするであろう二者択一だ。今のところ、量は質を凌駕するという考え方が優勢かと思います。量をこなさないと質も上がらないのでつべこべ言わず書け、ということですね。とはいえ、いかに早く大量に記事を…

【感想】桐野夏生『錆びる心』

作家の短編集を読むのが好きだ。 僕には、初めて読む作家に対するアプローチの方法が2通りあります。 まだ作品数の少ない若い作家の場合は、デビュー作から順番に潰していく方がそれまでの足跡を辿るようで感動が大きい。 その一方で、すでに何十作品も上梓…