そのイヤホンを外させたい

【書評】海原育人『ドラゴンキラーあります』

ドラゴンキラーあります (C・NOVELSファンタジア) 作者: 海原育人,カズアキ 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2007/07 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 37回 この商品を含むブログ (59件) を見る 一昔前のラノベ。シリーズ全3巻完結。 1巻目の『…

【書評】ファン・ジョンウン『誰でもない』

誰でもない (韓国文学のオクリモノ) 作者: ファンジョンウン,斎藤真理子 出版社/メーカー: 晶文社 発売日: 2018/01/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 初の韓国文学。 向こうで話題の作家の本邦初訳ということで、「韓国って位置は隣だけど小…

アニメを通じて戦後日本の思想的陥穽を浮き彫りにする/宇野常寛『母性のディストピア』

母性のディストピア 作者: 宇野常寛 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/10/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 2017年は、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』や國分功一郎『中動態の世界 意志と責任の考古学』など、有名どころの批評…

【感想】窪美澄『ふがいない僕は空を見た』

ふがいない僕は空を見た (新潮文庫) 作者: 窪美澄 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/09/28 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 24回 この商品を含むブログ (46件) を見る 窪美澄『ふがいない僕は空を見た』を読んだ。 第8回 女による女のためのR-18文…

ゆとり世代にとっての“国民文学”はなにか

今読んでいる本の中に、団塊ジュニア世代にとっての“国民文学”は『機動戦士ガンダム』という記述があった。 “文学”という言葉を広義に解釈すれば、この認識は妥当だと思う。文芸誌に代表されるような伝統的な“文学”の枠組みの中で考える限り、“国民文学”とい…

『ゲーム・オブ・スローンズ』の中毒性について思うこと

毎晩1〜2話のペースで海外ドラマの『ゲーム・オブ・スローンズ』を観ている。 事前に評判は耳にしていたからある程度面白いだろうことは分かっていたのだが、実際に観始めるとその期待値をやすやすと超えてくる感じでキレーにハマってしまった。あと少しで第…

不屈の作家と共に過ごしたかけがえのない日々/大西美智子『大西巨人と六十五年』

大西巨人と六十五年 作者: 大西美智子 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2017/12/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 今から約4年前、2014年3月にこの世を去った作家大西巨人。 本書は巨人の愛妻大西美智子による回想録である。 大西巨…

戦国武将的価値観を乗り越える/花田清輝『鳥獣戯話』

今日は、花田清輝『鳥獣戯話』。鳥獣戯話・小説平家 (講談社文芸文庫)作者: 花田清輝出版社/メーカー: 講談社発売日: 1988/10/03メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (7件) を見る 評論家としてのイメージが強い花田清輝だが、1960年代に入っ…

上田秋成『雨月物語』の感想

上田秋成『雨月物語』を、後藤明生の現代語訳で読んだ。雨月物語 (学研M文庫)作者: 後藤明生出版社/メーカー: 学習研究社発売日: 2002/07メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る 子供の頃、実家の祖母が亡くなったすぐ後に生前から…

ビートたけし『アナログ』/聖性の代償

アナログ作者: ビートたけし出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/09/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 売れに売れているビートたけし『アナログ』を読んだので感想。 これまでバイオレンス映画ばかり撮ってきた作者が純愛小説を書いた…

団鬼六『花と蛇 1 誘拐の巻』を読んだ感想

前から積ん読状態だった団鬼六『花と蛇』をようやっと読みました。花と蛇〈1〉誘拐の巻 (幻冬舎アウトロー文庫)作者: 団鬼六出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 1999/04/01メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 219回この商品を含むブログ (7件) を見る 日本官能…

ジミー大西の半生を描いた小説『Jimmy』を読んだ感想

原作・明石家さんま『Jimmy』を読みました。Jimmy (文春文庫)作者: 明石家さんま出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2017/06/08メディア: 文庫この商品を含むブログを見る本書はNETFLIXで7月から独占配信予定だったオリジナルドラマのノベライズなのだけど、…

『源氏物語』を読む2〈澪標〉~〈藤のうら葉〉

与謝野晶子の源氏物語〈中〉六条院の四季 (角川ソフィア文庫)作者: 与謝野晶子出版社/メーカー: 角川学芸出版発売日: 2008/04/01メディア: 文庫 クリック: 6回この商品を含むブログ (3件) を見る 小説家の角田光代さんによる新訳が刊行されたり、27時間テ…

『響〜小説家になる方法〜』がマンガ大賞を受賞したのであらためて感想書く

前々から本ブログで感想を書いていた柳本光晴『響〜小説家になる方法〜』がマンガ大賞2017大賞を受賞したので、今日は遅ればせながらこれまでの総括の意味で感想を書きます。 『響〜小説家になる方法〜』はこんな話 文芸の衰退を嘆く出版社の新人賞に、ある…

ラノベも純文学も小説の1ジャンルでしかない

上記まとめを読みました。 「ラノベは文学か?」 みたいな議論は定期的にTLに上がってくる。 これは「漫画は芸術か?」の議論と同じで個人的にはどうでもいいことだと思う。 だが、本音の部分では全然どうでもよくないと感じている自分もいるので、その相反…

蛇の出す刺身は食べる気にならない/川上弘美『蛇を踏む』

蛇を踏む (文春文庫)作者: 川上弘美出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1999/08/10メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 17回この商品を含むブログ (136件) を見る 第115回芥川賞を受賞した作品です。 僕は作者の川上弘美さんに個人的に恩がある。 高校生の時、…

「東野・岡村の旅猿」おすすめの回をTOP10で振り返る

僕はそれほどバラエティにはくわしい方ではないけれど、中には例外的に好きで観続けている番組もあります。 たとえば「東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…」がそう。 人気番組だから知っている人も多いだろう。ジャンルとしては旅番組に分類され…

虚妄としてのアメリカ/柴田元幸『アメリカ文学のレッスン』

時間を見つけて英、米の小説を読んでいきたいなぁと考えています。新しい作品に挑戦してみたり、お気に入りの作品を再読してみたり。 今回はその前哨戦として、柴田元幸さんによる『アメリカ文学のレッスン』を読んだ感想です。アメリカ文学のレッスン (講談…

現代小説家はそれぞれがゲリラ戦を展開している

少し前の話になるが、『文藝2017年秋号』上にて「現代文学地図2000→2020」という特集が組まれていた。文芸 2017年 08 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/07/07メディア: 雑誌この商品を含むブログ (2件) を見る これは、9…

ALL REVIEWS(オール・レビューズ)は出版流通に変化をもたらすか

フランス文学者の鹿島茂さんが、先月ALL REVIEWS(オール・レビューズ)という書評無料閲覧サイトを立ち上げた。 今月からさらに書評家の数を増やすということで、これは個人的にめちゃくちゃ良い試みだと思っている。 ほとんどの書店の棚には文脈がない 個人…

【感想】第157回芥川賞受賞『影裏』

芥川賞を取った沼田真佑『影裏』を読んだので感想。影裏 第157回芥川賞受賞作者: 沼田真佑出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2017/07/28メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 受賞会見での「ジーンズを1本しか持ってないのにベストジーニスト賞をもら…

作品タイトルに氾濫する「君」。ライトノベル、ライト文芸を席巻するロマン主義の波。

2016年に大ヒットした新海誠監督『君の名は。』のDVD&ブルーレイの発売が近いらしく、書店などで宣伝広告を見かける。 僕はまだ本作を観ていない。新海誠作品はこれまで逃すことなくほとんど観てきたのに、本作についてはそのあまりの人気ぶりに尻込みしてし…

剣という病に憑かれた二人の男を描く爽快作/藤沢周『武曲』

武曲 (文春文庫)作者: 藤沢周出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/03/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る 「諸手突きで自らの中心を貫いてみろッ。殺せッ」 p7 アルコール依存症で失職の末、警備員の仕事をしながら地元の高校の剣道部コ…

英語独学で手堅くTOEIC650点取る勉強法とおすすめの参考書

僕は大学時代に英文学を専攻していたのだけど、手に取るのはいつも翻訳ばかりでほとんど英語の勉強をせずに卒業した。 当時は何とも思わなかったが、社会に出てからも引き続き英米の作品を読んだりそれについてブログに書いたりする中で「やっぱり、ある程度…

小さな悪を滅すること/『ゴブリンスレイヤー』から読み取る時代の空気感

彼は「ゴブリン退治は人気がない」と、言葉少なに教えてくれた。 農村の依頼だから報酬が安く、新人向けだから熟練者は選ばない。 (p77より引用) 蝸牛くも『ゴブリンスレイヤー』を読んだ。 ゴブリンスレイヤー (GA文庫)作者: 蝸牛くも,神奈月昇出版社/メー…

『源氏物語』を読む1〈桐壺〉〜〈明石〉

紫式部『源氏物語』の感想を書いていきたい。 気忙しい日常の中で生まれるぼんやりとした諦念や寂しさにそっと並走してくれるような長い小説を読みたいと考えたら、自然と本作が頭に浮かんできた。通読するなら今だ。 高校時代の古典の授業などで部分的には…

ベッドはただ寝るだけの場所なんかじゃない。/シルヴィア・プラス『おやすみ、おやすみ』

子供の頃、ベッドは小さな秘密基地のようなものだった。 今日は珍しく、好きな絵本など紹介してみる。 本のタイトルは、『おやすみ、おやすみ』。おやすみ、おやすみ (詩人が贈る絵本)作者: シルヴィアプラス,クウェンティンブレイク,Sylvia Plath,Quentin B…

「海」は異質な何かを運んでくる。/ジョゼフ・コンラッド『エイミー・フォスター』

前回の『闇の奥』に続き、コンラッドの短編作品を読んでいた。コンラッド短篇集 (岩波文庫)作者: コンラッド,Joseph Conrad,中島賢二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2005/09/16メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 91回この商品を含むブログ (12件) を見る…

虚無のゆくえ/ジョゼフ・コンラッド『闇の奥』

闇の奥 (岩波文庫 赤 248-1)作者: コンラッド,中野好夫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1958/01/25メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 39回この商品を含むブログ (57件) を見る 19世紀末、貿易会社勤務の水夫マーロウは、派遣されたアフリカ奥地の出張所…

【キーラ・ナイトレイ出演作】文学作品が原作の映画4選

学生時代は時間がありあまるほどあり、映画を1日に3本鑑賞することも決して珍しくありませんでした。 でも、社会人になってプライベートの時間が限定されると、今では月に5本鑑賞できれば贅沢と言えるくらい映画との距離が遠ざかっています。 それでも、…